SEO基本知識

文章量とキーワード出現率を最適化する

なんとなく文章を書いていても上位表示はできません。適切な文章量、キーワード出現率を意識することがSEO対策では大切です。一般的に最低でも500文字以上は必要だと言われています。しっかり対策をするならトップページでは1000文字以上書いておきましょう。1000文字書いておけばキーワード出現率の調節も楽になります。

次にキーワード出現率です。ページ内全体の文章を見た場合、それぞれの単語が占める割合を調べます。当サイトのSEOツールでも診断できるので確認してみてください。SEO対策を始めたばかりの人はとにかくキーワードを詰め込もうとしてしまいます。それはもうすべての文にキーワードが入る勢いで。でもそれでは検索エンジンがスパムだと判断します。過剰なSEO対策をしているサイトを検索エンジンは評価してくれません。むしろ順位を大幅に下げてきます。

上位表示したいキーワードを4~6%盛り込みます。実際にキーワード出現率を診断してみるとわかりますが、SEO対策を少し意識すると丁度良くなります。過剰にやると簡単に10%を越えます。2番目に上位表示したいキーワードは2.5%前後に抑えます。それ以外のキーワードを1%くらいにするとベストです。とりあえず600文字書いてみて、次にキーワードの出現率を見て400文字でキーワード出現率を調節するのがオススメです。下手に文章を編集するよりも簡単です。

HTMLのstrongで一部の文章を強調するのも大切です。キーワードが入っている部分を2,3回strongを入れてみましょう。これもstrongを入れすぎるとよくない影響が出る危険性があるので、「少し意識する」くらいが丁度いいです。